代表挨拶

Greeting

オーバー・ザ・レインボー

空のかなたに虹が見えた

それを追いかけたらまた次の虹が見えた

それが人生か

私ども「スリーエス」グループは「支えたい未来がある」を社是とし、「社会貢献」を経営理念の柱としています。「社会貢献」の意味するところは「納税」と「人を育てる」ことです。 日本は租税立国であり、適切な納税なくして、国は成りたちません。そして、納付された税金の使い方については、厳しい目線を持つことが国民の義務として当然のことです。人の寿命は長 くて百年ですが、地球が存在し特別の事象が無い限り、人類の営みは続きます。その営みは人か ら人へと引き継がれます。人から人への引き継ぎの中で「人を育てる」というのは極めて重要なことです。

 

グループの中期計画における基本方針を「革新的事業モデルを造る」「独自技術を確立させる」 「変化に即応する企業体質を造る」としています。この中で最も重要な方針を「変化に即応する企業体質を造る」としています。刻々と変化する社会環境の変化に即座に対応しなければ、組織の存続はないということです。
組織はそれぞれの個性を持つ個人から構成されます。価値観も違いますが、組織の一員として 「大切な事だから確かな人に任せたい」「大切な事だから確かな仕事で応えたい」という存在であってもらいたいと思っています。

 

事業主体となる株式会社スリーエスは「ビジネスサポート部」と「ライフサポート部」からな ります。前者はクライアント企業の継続的発展のための役務提供をしようとするもので、後者は人の生活に直結する役務提供を自から業として行なおうとするものです。
グループ企業としてはミャンマー進出のため現地に「スリーエスインターナショナルミャンマー」
があり、フィリピンには「スリーエスインターナショナルフィリピン」を設立中です。私どもスリーエスグループは「支えたい未来がある」を社是として、日本を含むアジアの人々とともに社会の発展のため、誠心誠意の精神で邁進する所存です。